ソフトウェアのダウンロードサービスの今後

ソフトウェアのダウンロードサービスには、今後、商売とクオリティのバランスをとった最適な審査機関が必要です。

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

ソフトウェアのダウンロードサービスの今後

ソフトウェアのダウンロードサービスの今後

ソフトウェア開発者としては、昨今のネットワークの発展により、一般人レベルで自分のソフトを紹介できるダウンロードサイトが、たくさんができた事を非常に嬉しく思っています。私が、ソフトウェア開発を始めたのは、かれこれ20年以上前です。その頃はダウンロードサイト以前に、インターネットもまだ普及していない時代でした。実際にインターネットが普及し、ダウンロードサイトが出始めたのは、それから5年後位先だったのではないでしょうか?とはいえ、その頃もダウンロードサイトは2つ位しかなくて、一生懸命アップロードしてシェアウエアとして商売をしていましたが、殆どお金をもらえた事は無かったです。ま、もっとも、今も儲かってないんですけどね(苦笑)それが、今では、10数種類のダウンロードサイトは有りますし、無料のホームページサイトやブログサイトに登録してそれを使いこなせば、相当の宣伝も可能となりますので、非常に間口が広がったのではないかなと思います。
しかしながら、こういった間口の広がりにより、日曜大工の様なソフトウェア開発者が増え、質の低いソフトウェアが横行しはじめています。また、スマートフォンの流行により、いままであまり現れていなかった。ユーザに対し危険性の高く公序良俗を乱すソフトウェアも出始めています。こういったこともあり、ダウンロードサイトにアップロードされるソフトウェアの審査が大変重要になってきます。このあたりをすでに機能し始めているのは、スマートフォン系のダウンロードサービスですが、その規制の厳しさは、OSの提供メーカーによって大きく差があります。審査が厳しすぎる上にアップロードが一一向に認可されないメーカーであったり、審査が緩すぎあまり良くないソフトが横行しているものもあります。サービス側も商売ですので、このあたりのバランスが難しいとは思いますが、今後、この部分の改善を続けて頂き、より良いダウンロードサービスを作り上げて頂けることを期待します。